トイレの進化に伴う水漏れトラブル

トイレの進化に伴う水漏れトラブル 私たちの生活に欠かすことのできない水回りの1つがトイレです。毎日家族みんなで使用するため、自宅の水回りでも劣化や破損が多い箇所の1つです。便器の寿命は100年と言われており、陶器のため、ひび割れが起こらない限りずっと使うことができます。
しかし、昔のトイレと違って多機能なタイプが増え、構成されている部品やパーツが多くなりました。そのため便器は100年もつかもしれませんが、中の部品やパーツが劣化していき、さまざまなトラブルを引き起こします。特に水洗トイレの普及に伴って、トイレの水漏れトラブルは急増しました。家中の水回りの排管とつながっているため、少しの水漏れでも水道 工事が必要になることもあります。少しだからと安易に考えずに、水漏れを発見した場合には早急な対応が必要です。

■便器の種類

便器の種類には大きく洋式と和式の2種類あります。時代の変化に伴い、今は洋式トイレがほとんどです。さらに洋式トイレでも種類がいくつかあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
1つ目は、便器、タンク、便座の3つのパーツから構成されている種類です。パーツがわかれているので故障のときの交換が楽であること、断水などでもタンクに水を溜めることができるというメリットがあります。デメリットはパーツが細かい分お掃除が大変であるということです。2つ目はタンクレスです。水を溜めるタンクがなく水道に直接つながっているものです。見た目がスタイリッシュで空間を広くすることができます。デメリットとしては手洗い場がないため、別で設置が必要です。
3つ目はシャワートイレ一体型です。全てのパーツがつながっていて継ぎ目がないためお掃除が楽です。一方で故障した場合にはすべての交換が必要になります。4つ目は収納一体型です。タンクをキャビネットに収納した形です。すっきりとした見た目と収納スペースが確保できます。各家庭のスペースによって設置できるタイプは異なりますが、より快適な空間にすることができます。

■手入れが必要な温水洗浄
便利な機能の1つに温水洗浄機能があります。多くの洋式タイプに備え付けてあり、壁側にリモコンが備え付けられているタイプと便座の脇に備え付けられているタイプがあります。しかし、便利な機能ではありますが手入れが必要で、水漏れが起こりやすい機能でもあります。
ノズルからの水漏れが起こりやすく、ノズルの交換だけではなく、バブルユニットの交換が必要になってしまいます。交換や修理は業者でなければできないため、水漏れを発見したときは修理を依頼しましょう。リモコンには必ずノズル洗浄機能が付いています。故障やトラブルを防ぐために定期的にノズル洗浄機能を利用しましょう。

■よりよい専門業者の見分け方

実際に水漏れトラブルが発生したとき、どの業者へ依頼したらよいのか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。まず、依頼する前に必ず見積もりを取りましょう。複数の業者に見積もりを依頼し、金額を比較します。同じサービス内容でも業者によって金額が異なります。
次に、迅速な対応です。電話してからどのくらいで現場に駆けつけられるかは大切です。緊急な対応を必要とするトラブルの場合には、迅速な対応が重要になってきます。そして信頼性です。今はネットで口コミや利用した人の体験談などが載っています。それを参考にしながら選ぶこともおすすめです。

■まとめ
時代の変化に伴い、トイレの機能は日々進化しています。便利になり、空間を意識したトイレも増えてきました。それでも長年の利用によってトラブルは起こります。いざという時の備えて、利用する業者をリサーチし慌てずに対応できるように準備しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース